FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Home > スポンサー広告 > 鬱な気分になれる小説

鬱な気分になれる小説

鬱な気分になれる小説
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1105695753/

1 無名草子さん 05/01/14 18:42:33
こんなストーリーじゃ夢も希望も持てない。
読み終わった後に暗い気持ちにしかなれないという
ような小説を紹介し合いませんか?非常に鬱な人生しか
おくっていない人が共感できるような小説募集です。
したがって、主人公達が紆余曲折を経てハッピーになってしまう
ような話は勘弁です。主人公が足掻いても何も変わらず最後には死んで
しまうというような話が良いです。

ちなみに、今のところ私が好きなのは新堂冬樹の無間地獄です。

2 無名草子さん sage 05/01/14 18:47:37
桐生夏生の「グロテスク」が今のところ自分の中の最鬱大賞。
次点でカーソン・マッカラーズ「悲しき酒場の唄」

前者は学歴と階層社会と性差への深い深い地獄のごときルサンチマンで
脳をやられた。読了後、寝込む。
後者はもう虚脱感でいっぱいのラストに……。

4 無名草子さん 05/01/15 08:21:50
花村満月の「欝」
タイトル通り。てか、花村さに関してのスレを誰かたててくれんもんかな。

5 無名草子さん 05/01/15 10:38:47
中谷彰宏

6 無名草子さん 05/01/15 12:47:45
>>5
わろたw。
「女王陛下のユリシーズ号」とか鬱度高くない?

8 無名草子さん 05/01/15 19:16:02
檜山良明の「日本潰滅」
米ソの核戦争に日本が巻き込まれ、ソ連の原潜から日本に核ミサイルが撃ち込まれるという小説。
ラストが…日本全滅ですよ…
ああ鬱になるなあ。

12 無名草子さん sage 05/01/16 21:51:19
数学の基礎

声も出ないほど鬱...

22 無名草子さん sage 05/01/21 15:55:33
>>12
「数学の基礎」って島内剛一の?
あれを読まなければならない立場になる人って、数学科でもあまりいない
ような気がするが……。
大抵の数学は、あそこまで基礎にさかのぼらんでも大丈夫だからなあ。

13 無名草子さん 05/01/16 23:00:32
解析概論 どこがわかりやすいんだ・・・・

151 無名草子さん 2005/12/10(土) 00:23:24
>>13
およそ一年のスーパー遅レスだが、
あれはある程度数学やってから読む本。
とりあえず薄っぺらい微積の本一冊やって、
何かもやもやした気分で読むと、目から
鱗な気分になれる。
あの本の凄さは、素人向けじゃないんだよな。

てーか、定番の小松左京「牛の首」、
検索したらまだ出てないみたいなんで書いとく。

17 ◆CuBRA.266. sage 05/01/17 12:47:09
ベタだが「人間失格」

18 無名草子さん 05/01/18 14:08:09
大人のための残酷童話
救いがない

25 無名草子さん 05/01/25 21:50:43
山田宗樹 嫌われ松子の一生
重松清  疾走

26 無名草子さん 05/01/25 21:58:39
夏目漱石のこころ
おもしろいけど読後感が最高に鬱

28 無名草子さん 05/01/25 22:39:13
金原ひとみの話。
だんだん話が暗く重くなっていって、読後感は確実に悪い。

29 無名草子さん 05/01/26 00:17:40
内田春菊

女性的な鬱気分体験

男だけど。

33 無名草子さん 05/01/26 10:18:49
満月
「ぢん・ぢん・ぢん」
最強
ブス女がこわれていくさまがあああああああ

34 無名草子さん sage 05/02/02 23:34:46
久坂部 羊
「廃用身」はここ数年の中で最強。マジ鬱。

74 無名草子さん 2005/04/20(水) 01:47:35
>>34
廃用身読んだ。
立ち直れねー

35 無名草子さん sage 05/02/08 11:18:47
タイトル忘れたが広告で「父の実験として豚の臓器を移植させられる美少女」とかあった
ホラー系小説は鬱になりそうだ

39 無名草子さん sage 05/02/11 11:29:25
>>35
小林泰三の人獣細工かな?

124 無名草子さん sage 2005/08/31(水) 08:12:20
>>35>>39
あの人の小説は結構鬱になる
人獣細工のオチは本当に救われない

37 無名草子さん sage 05/02/08 23:40:52
池澤夏樹「花を運ぶ妹」
ただし前半のみ。後半からは希望がみえてくるため。

38 無名草子さん 05/02/09 08:29:20
悪魔の飽食
人体実験系はやはり

42 無名草子さん 05/02/19 15:49:30
森村誠一「野生の証明」
イタタマレナイ

44 無名草子さん 05/02/22 01:58:29
山木文緒さんの短編集。
山木文緒さん自信が鬱っぽい(?)だから全体的にクライ感じの話が多い。
すっごい余韻がのこるから好き。

45 無名草子さん sage 05/03/02 22:50:30
新井素子「おしまいの日」「チグリスとユーフラテス」
光瀬龍「SFマガジン版・派遣軍還る」

46 無名草子さん 05/03/03 12:25:10
戦争童話集は人間でいることが嫌になるタイプの鬱になる

54 無名草子さん sage 05/03/16 13:19:42
この手の小説としては有名だけど
隣の家の少女と家畜人ヤプーは読んどけ

この2つを読んでからは、ほとんどの小説で欝になりにくくなります。

55 無名草子さん sage 05/03/17 06:24:05
>>54
耐性がついても嬉しくないな・・・

56 無名草子さん 05/03/17 12:34:34
エルヴェ・ギベール「ぼくの命を救ってくれなかった友へ」

HIV陽性の診断を受けても、まだ男あさりがやめられない主人公の
業の深さにウツ・・・。

58 高野聖 ◆UnCmUnUn.U sage 05/03/17 18:34:25
最近だったら吾妻ひでおの失踪日記も結構欝になった。

61 無名草子さん sage 05/03/18 00:14:51
慟哭

76 無名草子さん 2005/04/24(日) 21:47:57
>>61
うむ。慟哭はたしかに鬱になるけど、ああいった最後も好きだな

62 無名草子さん sage 05/03/18 01:53:52
津原泰水「ペニス」

この人の小説はなんか精神状態が下向きになる
電波女が句読点なしに電波トークをまくし立てるくだりで
なんともいえない生理的嫌悪感で本を閉じた

65 無名草子さん sage 2005/03/26(土) 17:31:51
新堂冬樹「吐きたいほど愛してる。」
視覚的表現のグロさ、ストーリに内包される
人間の醜さ・弱さ・狂気が、強烈な負の
インパクトを読み手に与える。
お肉(またはチャーハン)を食べる予定がある場合、
読んではならない本。

68 無名草子さん 2005/04/05(火) 14:07:45
漫画だけど手塚治虫の「火の鳥」

一生懸命生きてる人があっさり殺されたりする。

69 無名さん sage 2005/04/05(火) 16:56:22
芽むしり仔撃ち 大江健三郎
とあるプロジェクトが中止となり解散。有能なひとはどんどん引き抜かれ
去って逝く。残った凡な連中であがいてたころに、隣のグループのリーダ
が貸してくれた本。

あれから5年、私、技術屋ですらない orz

72 無名草子さん 2005/04/16(土) 18:36:10
めまい 唯川恵
読まなきゃ良かった…

79 無名草子さん 2005/05/08(日) 00:00:46
隣の家の少女、今読み終わったよ。



後悔してる

96 無名草子さん 2005/06/11(土) 19:39:40
既出だけど隣の家の少女。







orz

84 無名草子さん sage 2005/05/08(日) 19:11:30
作者忘れたけど中国の本
「豊乳肥臀」
毛沢東(←一発変換で出た!)の共産主義時代の話。
おっぱいフェチ男の出生から晩年まで。
貧困と死と欝要素がもりだくさんです。
印象に残ったシーンは
飢餓でガリガリの女が
男の放り出した饅頭に犬のようにくらいつき
男が女に挿入するとこ。

99 無名草子さん 2005/06/11(土) 21:23:28
嶽本野ばら『ツインズ』―キモイ
山本文緒『プラナリア』―駄目女
江国香織『ウエハースの椅子』―うつくしき絶望
楠本まき『致死量ドーリス』※漫画―リスカ描写が痛い


あと『赤毛のアン』は嫌いな人にとっては「ナメクジ」のようなものだと指摘した評論家がいるらしいね。

103 無名草子さん sage 2005/06/16(木) 07:49:23
芸人失格
旅先の暇つぶしに読んで、鬱悪化。
病院に直行。

133 無名草子さん sage 2005/09/20(火) 10:14:20
>>103
立ち読みでも鬱になった。とにかく愚痴の連続で落ちぶれた腹いせとしか思えない
ようなまさに女の腐ったような感性の持ち主。
こんなもの出すほうも問題だと思った。

108 無名草子さん sage 2005/06/17(金) 17:48:55
「シンプル・プラン」スコット・スミス著。映画にもなっているが、原作の後味の悪さったらないよ。
人間が一番こわい!

109 無名草子さん sage 2005/06/17(金) 18:00:43
>>108
詳細教えて

110 シンプル・プラン sage 2005/06/17(金) 18:50:23
タイトル通り。雪深い、とある田舎町に、妻と幼子とで慎ましくも幸せに暮らす実直で平凡な男(主人公)がいましたとさ。
が、ひょんな事から実兄とその友人、主人公の三人に、大金を手に入れるチャンスが訪れてしまう。三人は、この大金を手に入れるべく、実にシンプルなプランを作ったのだが…。

金が絡んだ時の人間の本質が垣間見えて怖い。心理戦にもドキドキさせられる。そしてなんともやりきれない結末…。
損はさせませんぜ!

114 無名草子さん sage 2005/07/09(土) 23:52:41
いまさらだけど三浦綾子を読んでみた。
塩狩峠ウボァー

調子に乗ってもう一冊読んでみた。
氷点ウボェー

まじウツス…

120 無名草子さん sage 2005/07/31(日) 17:54:36
 井上ひさし『偽原始人』
 秋山端人『イリヤの空、UFOの夏』
 桐生祐狩『夏の滴』
 かなあ。

 短編なら松本清張の鬼畜ぶりが突出してる。
「武将不信」を読んだ時は、ほんと寝込んで、作者を恨んだよ。
その後東北旅行行った時に、主人公の墓にお参りしてきたw

128 名無草子さん sage 2005/09/18(日) 21:54:29
吉村萬壱「ハリガネムシ」

ヤメテ('A`)

129 無名草子さん 2005/09/19(月) 04:47:25
東野圭吾「秘密」
これはもう後味悪すぎ。酷すぎ。こんな異常で残酷で余韻が6時間以上残る作品は人生で初めて。ある意味ホラー。
青の炎とか、とても切ないと思っていたのに、これを読んで馬鹿らしくなった。こんなにヤヴぁい作家がいたとは。

130 無名草子さん 2005/09/19(月) 19:50:12
グロテスク
残虐記
廃用身
疾走
晩鐘

あと新潮45の事件ルポものも読後感強烈。

136 無名草子さん 2005/10/04(火) 19:11:36
アンドレイ・クルコフの
『ペンギンの憂欝』
最後はなんだかやりきれない気持ちになる。

141 無名草子さん 2005/10/31(月) 02:18:44
遠藤周作の「私が・棄てた・女」
落ち込みます。

145 無名草子さん 2005/11/20(日) 13:02:28
北方先生のブラディドールシリーズ

登場するヒロインの7割が主人公とお互いに傷をなめあって
愛し合った後にあっさり暴漢に殺されたり、主人公をかばって
撃たれたする。自分が命を懸けて守り抜こうと決めた自分の息子が
身代わりになって爆死したりとにかくやりきれない。

152 無名草子さん sage 2005/12/10(土) 19:23:17
黒田晶『メイドインジャパン』
佐藤ラギ『ギジョル』
永沢 光雄『AV女優』
サンドラ・ヴォ・アン『私の中の中』←最強

などかな。

153 無名草子さん sage 2005/12/13(火) 00:51:10
個人的には 浅田次郎の小説全般かな
うまく言えないけど ものすごく残酷な感じを受ける
もう話の途中からね・・・・

浅田次郎のエッセイは面白くてよいのだが・・・・

155 無名草子さん sage 2005/12/14(水) 12:58:59
スパイラル~推理の絆~の城平京の小説
「名探偵に薔薇を」はいいぞ

人によっては鬱になるが
俺はあれが人というものかと思う。

腐った果実 ってのは小説じゃないけど見てみ

160 無名草子さん sage 2005/12/22(木) 16:48:14
「スイート・リトル・ベイビー」

障害児で生まれた子を四年間外に出さずに満足に飯も食わさず
もちろん愛さず可愛がらず小さい部屋に閉じ込め通し。
赤ん坊の兄はその子を「化け物」と呼んで時々 突っついて遊んで「あげてる」
父親はもちろん母親に罪悪感なし。
指摘されても曖昧な笑みを浮かべてスルー。
最後は助けも間に合わず病院に担ぎ込まれるが弱って死亡

「誰にも愛されず四年間の生涯を終えた」
「この子の人生は何だったんだろう」って文章が鬱

164 無名草子さん 2005/12/28(水) 00:01:38
江戸川乱歩
「芋虫」
きついっす。

166 無名草子さん sage 2006/01/08(日) 13:47:41
さんざんガイシュツだが、重松清の『疾走』
未だに読んだことを後悔してる…orz
映画は全然重くなかったけど。

169 無名草子さん 2006/01/11(水) 14:28:30
ジョン・ソール「暗い森の少女]と、既出ですがスティーブンキングの「死のロングウォーク」と「ペットセマタリー」
どれもそれなりに読む価値あるけど、元気なときにした方がいいかもしれません。

171 無名草子さん 2006/01/11(水) 20:07:32
三崎亜記の「バスジャック」

最初の「二階扉つけてください」ラストがイヤー!!

172 無名草子さん 2006/01/19(木) 19:40:52
カートヴォネガット作品全般・・・・

「タイタンの妖女」で、ラムフォードが全能なる全次元の存在になった理由、サロが何万年という永劫に近しい時間をタイタンで待ち続けた理由、そして主人公コンスタントが、全人類に嘲られながらタイタンに向かった理由が分かったとき、
もう、鬱を通り越して、笑うしかなかった。
ハーモニクスのシーンで相棒が最後に言う台詞が泣ける・・・・
最後の最後に主人公が見た、「天国の誰かさん」が言う台詞は、5回読んで5回泣いた・・・・・そして鬱になった
「猫のゆりかご」は、読んでいる間、きっと俺は鬱になっているんだろうな、という自覚があったけど、どうしてかケラケラ笑うしかなかった。

180 無名草子さん sage 2006/02/01(水) 21:30:20
貫井徳郎
「殺人症候群」
これは相当やりきれない、胸ふたぐ小説だ

184 無名草子さん sage 2006/02/12(日) 01:04:00
高橋和巳「邪宗門」

読み終わった後、2,3日放心状態になった。
もうあれから10年以上経ったが、読み返して
みる気力はまだない。

189 無名草子さん 2006/02/23(木) 19:50:50
吉村昭「星への旅」
短編集。若者の集団自殺、少女の死体が解剖される話など。

195 無名草子さん 2006/02/26(日) 10:09:59
タイトルが出てこないんだけど、
筒井康隆の、浴槽の排水口にティンコがはまって抜けなくなる短編

198 吾輩は名無しである sage 2006/03/10(金) 01:46:31
>>195
詳しく

202 無名草子さん sage 2006/03/11(土) 23:30:29
>>198
自分もこのスレで知ってちょっと興味持って調べた。というか教えてもらった。

陰悩録
角川文庫の「日本列島七曲」収録

ですって。筒井康隆スレの人ありがとう。

273 自信家 2006/06/27(火) 18:48:54
>>195
あれと同様の話がガキデカで漫画化されててそっちの方が豪快に笑える

196 無名草子さん sage 2006/02/26(日) 20:59:44
重松清
「見張り塔からずっと」
読んで一ヶ月近くたつけど未だに鬱が抜けない

199 無名草子さん 2006/03/10(金) 14:51:08
タイトル忘れたんだけどヒロインが輪姦されてしまったのに
くやしい・・・でも感じちゃう・・とか言って腰振ってるマンガ

203 無名草子さん sage 2006/03/15(水) 10:56:24
抜けなくなったのはtinkoではなくて、おタマタマの方だな。
丁度排水溝に二つとも吸い込まれて、ほんでどちらもがつっかえて出られなくなったらしい。
「陰悩録」は小説だけど、実際に体験したことに基づいてるとエッセイの中で
言ってた。

209 無名草子さん 2006/03/21(火) 19:16:38
七つの怖い扉 とか言う本の、一番最初にあった
精神薄弱者が殺人をする話。
その話がイヤすぎて、その本はすぐ売った。

217 無名草子さん 2006/03/27(月) 10:55:36
小川洋子「寡黙な死骸~」
風邪で寝込んだとき読んだから一層鬱になった
筒井康隆「驚愕の曠野」
救いようが無い

220 無名草子さん 2006/04/03(月) 02:02:52
「永遠の仔」読んでいる1週間会社でも立ち直れず
電話受ける声や話し方が欝過ぎて仕事にならなかった…

「ホタルの墓」お盆の頃毎回読んであえて欝になっている。

221 名無し物書き@推敲中? 2006/04/11(火) 13:15:26
嫌われ松子の一生

227 無名草子さん 2006/04/17(月) 15:14:23
>>221
私も嫌われ松子に一票。
悪いほうに悪いほうにいったあげく、希望をもち始めたところでジエンド。
自分の将来もそうなるかもと不安になって鬱。

224 無名草子さん 2006/04/11(火) 17:56:54
嵐が丘

書かれた時代が違うということもあるけど、登場人物達が皆自己中&自己主張激しすぎ。
現代の日本の人間関係にはありえない。
恋愛小説の名作といわれているから楽しみにしてたのに、上記の理由で鬱になりました。

226 無名草子さん sage 2006/04/17(月) 13:47:16
ケッチャムの「オンリー・チャイルド」
こういうスレでは「隣の家の少女」の方がよく挙がるけど
結局は警察も法も助けてはくれないというのが妙にリアルで鬱だった。

235 無名草子さん sage 2006/05/08(月) 06:54:51
阿部和重『シンセミア』

登場人物がえげつないヤツばかり。

236 無名草子さん sage 2006/05/09(火) 21:53:40
重松清 ナイフ
野球選手の話で欝
男だったら興奮するのかな…
グロテスクは本が重くて手首痛くて欝

239 無名草子さん sage 2006/05/17(水) 19:17:47
ジョニーは戦場へ行った

240 無名草子さん sage 2006/05/22(月) 00:45:11
>>239
ずっと読みたいと思いつつ放置している。
設定聞いただけでも欝になれるよね・・・

244 無名草子さん sage 2006/05/27(土) 16:40:25
蝦夷地別件
船戸与一



北海道ツーリングの前に読んで衝撃

アイヌ達の悲惨な運命に鬱

物語ゆかりの地を回ってあるき、観光名所等は一つも覚えていない。

246 無名草子さん 2006/06/07(水) 07:02:26
つーか大抵の純文は読むと欝になる

256 無名草子さん 2006/06/23(金) 13:04:26
あまり本を読みすぎるとマジで鬱になるから嫌だ。
自殺とかしないで、それを乗り越えると自分のレベルが何ランクも上がって
いるのを実感できる。
ということで「ノルウェイの森」 君のフェラチオは最高だったよ のセリフを
実社会でもフツーに使えるようになったオレは勝ち組。

257 無名草子さん sage 2006/06/23(金) 16:11:12
太宰治「きりぎりす」
世間で言うところの強者とはこうなのか?と考えてしまう。

258 無名草子さん 2006/06/23(金) 18:02:35
浅田次郎の「地下鉄に乗って」

こんなラストの他に方法はないのかよって思ってしまう。
鬱っていうか実に暗い気分にさせてくれる。

259 無名草子さん 2006/06/23(金) 19:03:45
遠藤徹の『姉飼』『弁頭屋』
どちらも短編集だかほぼ鬱話…

263 無名草子さん 2006/06/23(金) 22:34:17
ノルウェイの森は最高欝賞

266 無名草子さん sage 2006/06/24(土) 18:26:51
昨日このスレを見て、今日『隣の家の少女』と『最悪』を買った私。
楽しみだ。

268 無名草子さん 2006/06/26(月) 11:35:21
>>266
オレもこのスレで「隣の家の少女」を知った。
ググると読まなきゃよかったのオンパレード。ボクには読む勇気がありません。
読み終わったら感想ヨロ。

286 無名草子さん 2006/07/07(金) 00:07:30
>>268
266だが…隣の家の少女読んだよ…。
マジ鬱小説。
ページ繰るのが怖かったよ。
著者は書いてて胸糞悪くならんのかね…。
人間って集団になると本当に恐ろしい…。

小説じゃなくて漫画だけど
凍りついた瞳/ささやななえ
は鬱になるよ。
被虐待児の実体験。


291 268 2006/07/07(金) 21:07:49
>>286
サンクス。やっぱり読むのやめるよ・・・。
怖いもの見たさってあるけど、やっぱ読めない。

285 無名草子さん sage 2006/07/06(木) 19:58:26
ドグラ・マグラって鬱になれますか?

311 無名草子さん sage 2006/07/21(金) 14:42:43
>>285
ドグラマグラは鬱じゃないよ。
オドロオドロしくて、楽しく読めるよ。

290 無名草子さん 2006/07/07(金) 12:01:22
ポール・オースターの「偶然の音楽」
トンプスンの「死ぬほどいい女」

307 無名草子さん 2006/07/17(月) 01:09:11
ほとんど既出だけど、
「百夜行」「幻夜」「リリイ・シュシュのすべて」「疾走」「死に至る病」

「疾走」はどこかのレビューで作家か誰かが「重松清にしてはハッピーエンド」
みたいなこと言ってたけど、途中が鬱過ぎて全くそんな風に思えなかった。

308 無名草子さん 2006/07/17(月) 01:19:55
「疾走」はラストのラストだけ見ればハッピーエンドだが、
それ以外はダークすぎるので、鬱な気分になれる小説の代表格といっていいだろう。

313 無名草子さん sage 2006/07/21(金) 22:15:38
筒井康隆「二度死んだ少年の記録」
やっぱりグロはきついんで。

314 無名草子さん 2006/07/24(月) 15:21:52
>>313
あー、なつかしいな。厨房のとき読んだよ。
実話だと思ってたんだけど、どうやら違うみたいだな。

317 無名草子さん sage 2006/08/04(金) 23:43:19
宮尾登美子『櫂』
読み終わったばっかだけど・・・
「辛気くさい」って言葉はこういう時に使うんだなと思たよ・・・
あんな女房いたら自分も逃げ出すな、女だけどw

323 無名草子さん sage 2006/09/08(金) 12:32:12
既出だけど廃用身と嫌われ松子の一生
仕事の関係で16時間以上一つの椅子に座ってなきゃいけないときに
暇つぶしのため持ち込んだのがこの二冊で・・・まじ死にたくなった

328 無名草子さん sage 2006/09/13(水) 00:35:34
死亡推定時刻

342 無名草子さん sage 2006/10/10(火) 23:36:56
>>328
仲間。読後は暫くなにもできなくなった。

331 無名草子さん sage 2006/09/22(金) 19:35:16
安部公房全般。
鋭い人間観察は自分の内側を指摘されているようで苦しい。
『棒』を高校生で読んだが、画一化された人間や利用される人間というのが当て嵌まっていて、衝撃だった。

333 無名草子さん sage 2006/09/24(日) 22:00:16
ベタですが…
ドストエフスキー『地下室の手記』
太宰治『晩年』『人間失格』
間違っても晴れた日曜の午前中なんかには紐解かないこと…

334 無名草子さん sage 2006/09/26(火) 02:50:40
同じくベタですが、太宰治「トカトントン」
何だか背中が寒くなりそうでした。

335 無名草子さん sage 2006/09/28(木) 11:00:58
太宰治ネタが続いてますね
自分は『斜陽』をお勧めします。
貴族の一家が没落~、母ちゃん結核で死、戦争から戻った弟は薬中、姉は私生児の出産を
自己の革命生きた証として宇和ああああああああああああああああああ

M.C

336 無名草子さん sage 2006/09/29(金) 01:51:24
太宰の作品を読んでいると、「走れメロス」も何か裏があるんじゃないかとつい思ってしまう。

私自身は読んでいないものなんだけど、夫曰く、
ソルジェニーツィン「イワン・デニソビッチの一日」が禿げしく鬱だそうだ。
「収容所群島」なんてどうなるんだろう。
誰か読んだ人いる?

338 無名草子さん 2006/10/01(日) 18:13:58
桐野夏生「柔らかな頬」
救いがない度でいえば随一

339 無名草子さん sage 2006/10/01(日) 20:03:42
今日、大石圭の「死体の体温」読んで、
ちょっと欝。こういうの好きなんだけど。
小川洋子・アンネの日記も読んでると、
なんか、声が出なくなる感じになる。

347 無名草子さん 2006/11/24(金) 04:55:55
「オーディション」「ピアッシング」「インザミソスープ」
村上龍

349 無名草子さん 2006/11/27(月) 03:07:11
小池真理子「レモン・インセスト」

360 無名草子さん sage 2006/12/23(土) 18:03:21
天童荒太「家族狩り(文庫版)」
ハードカバー版とは内容が違うらしいので、いずれそっちも読んでみたい

363 無名草子さん 2006/12/30(土) 22:38:24
ちなみに「隣の家の少女」は実話がベースです。。

江国香織の「すいかの匂い」は、短編集だけど全部感触がひんやりべっとりしていてちょい鬱。
遠藤周作の「留学」は、大学生くらいの研究志望の人が読んだら鬱。
マリー・ンディアイの「みんな友だち」は、これも短編集だけど、表題作が特にお勧め。でも最後に収録されてる短編も、ものすごくいい。

365 無名草子さん 2006/12/31(日) 03:33:57
 出てるかもしれないけれど、石田衣良の「LAST」。
借金やら何やらで人生が壊れかけている人たちの話(短編)で、
現代社会をテーマにしているだけあって、ヤクザとの絡みの描写も容赦ないですし。
呼んでいて今の自分の環境にほっとしてしまったり。

377 無名草子さん 2007/01/18(木) 20:37:05
花村萬月「ぢん・ぢん・ぢん」「鬱」「二進法の犬」
梁石日「Z」「断層海流」
島田雅彦「自由死刑」(この人のはこれしか読んでないけど他のもなかなか鬱になれそう)

しかし俺にとっての極めつけは、小説ではなくドキュメンタリーなんだが、
清水潔「桶川ストーカー殺人事件~遺言」
これはもうどうしようもなく救いが無い。
フィクションじゃないだけにやりきれない思いだけが残る・・・。

384 無名草子さん 2007/03/01(木) 03:39:07
今読み終わったけど、乙一の「ZOO」のなかの何編かは結構くるね。
グロい表現が満載だし。

395 無名草子さん 2007/03/17(土) 16:04:37
「ノートルダムの鐘」の原作とかどうかね?

ディズニーだと一応ハッピーエンドなのに、この原作だと死にネタorz
少なくとも自分はこれ読んだ後、ものすごい鬱になったよ・・・

397 無名草子さん sage 2007/03/22(木) 03:13:52
実にイイ感じのスレだな…
セリーヌの『夜の果てへの旅』『なしくずしの死』も鬱小説の定番だな。

399 無名草子さん 2007/03/26(月) 03:39:58
アガタクリストフの悪童日記

そこまで鬱じゃないけど、悲しい事とか酷い事がたんたんと書かれてて
読んでくうちに感情が冷めてきて、読後「何これ」って感じになった

437 無名草子さん 2007/05/31(木) 22:51:14
>>399
続編の「二人の証明」と「第三の嘘」も読めばもっとうつになるよー

小川洋子のホテル・アイリス
最後の二段落で鬱になって、半年くらいこの人の小説を読めなくなった。

401 無名草子さん 2007/03/26(月) 13:12:59
松本清張は鬱になれる率高い。「鬼畜」は最高。

408 無名草子さん sage 2007/04/23(月) 21:47:53
「不思議な少年」
あんまり本読まないから大した事ないかもしれないけど
「車輪の下」より遥かにヤヴァイ。
救いがないとかそれ以前の問題よ。

415 無名草子さん 2007/05/07(月) 23:31:45
東野圭吾「殺人の門」

422 無名草子さん sage 2007/05/08(火) 05:06:14
星新一の「みらいそっぷ」とか、やや鬱になるかも。
展開があっけらかんと、だけど残酷。

436 無名草子さん sage 2007/05/29(火) 15:47:13
桐野夏生「メタボラ」
新聞小説連載中読んでて、ラストで・・orz・になった。
桐野を読むのは初めてだが、ひょっとして全部あんなのか?

443 無名草子さん sage 2007/07/01(日) 22:42:24
『壊れるほど近くにある心臓』
『リリイ・シュシュのすべて』
『砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない』

あと『城の崎にて』

449 無名草子さん 2007/08/09(木) 17:45:12
ブックオフで100円で入手できる部類でいうと、江国香織の「冷静と情熱の間」
あぁいうの全然読む気になれなかったんだけど、あんまり暇だから読んでみたら、
三十過ぎの女が最後はフリーになっちゃってなんかもうね、ぐったり疲れた。

格好つけてるけど丸裸って感じ。

450 無名草子さん sage 2007/08/09(木) 17:50:26
江国香織って読む人によっては鬱だよね
東京タワーも読後にキモイと思った

454 無名草子さん 2007/09/10(月) 09:54:48
乃南アサ『幸福な朝食』『微笑返し』
乃南アサは鬱度高いと思う

455 無名草子さん sage 2007/09/10(月) 11:23:28
>>454
『幸福な朝食』は独身女性が読むと主人公の病理がうつりそうで
読後の「読まなければ良かった」という後悔的な鬱が相当残る
『微笑返し』は山本文緒のように乃南アサも病んでるんだろうな
と思わせる

461 無名草子さん 2007/09/13(木) 23:33:47
>>454
乃南の短編も怖い
旦那にやかんの熱湯かけるやつとか

456 無名草子さん 2007/09/10(月) 20:00:54
シェイクスピアの作品。

あと作者の名前忘れたけど「1984」。世界観も恐ろしいし
最後は極めて鬱…。

464 無名草子さん 2007/09/14(金) 23:24:16
大崎善生「スワンソング」。

帯で児玉清が「押し寄せる清々しい感動・・・云々」てコメントしてるけど、とんでもない。
主人公は死なないが、主人公と付き合った女たちが死んでゆく。
「僕たちの恋は強く激しく深かった」なんていうけど、読みすすめるうちに怒りがこみ上げ、最終的には鬱な気分にしかなれない。
精神的におかしくなる女ばっかり。

以下、あらすじを知りたくない方は、読み飛ばしてください。結末を書いています。


主人公は編集者をしている20代の男なのだが、同じ編集部にいる3年付き合っている美人で仕事の出来る恋人がいるにも関わらず、アルバイトの若い女と恋に落ちる。
アルバイト女は、どんくさいというか、男に依存するようなタイプ。
アルバイト女は病的なまでに「眠れない」「寂しい」などの電話を掛けてくる。
主人公はしばらくは二股をしているのだが、やがて、恋人はその関係に気づいてしまう。
精神的に追い込まれた恋人は、アルバイト女に無言電話を掛ける。
そして、その電話でアルバイト女も精神的に追い詰められる。
無言電話の犯人が恋人だということを調べ上げる主人公とアルバイト女。
恋人は会次第に無断欠勤するようになり、部署を転属させられ、休職状態に。
主人公は「自分が、今、守るべきはアルバイト女」とばかりに、献身的にアルバイト女に尽くす。
恋人は、知らない男に体を売り、そのことを告白する手紙を主人公に送る。
罪悪感が募る主人公だが、アルバイト女のことしか頭にない。
恋人は主人公に電話をし、主人公は「お前のことを本当に愛していた」といい、恋人は「ありがとう」と明るく答えた。
そして、恋人はホテルの浴槽で変死体で見つかる。アルコールと睡眠薬の摂取のし過ぎの果て、自殺だった。
それを知ってアルバイト女はさらに精神的におかしくなる。

465 無名草子さん 2007/09/14(金) 23:35:13
つづき。

献身的に介護する主人公は、海外転勤になり、アルバイト女(この時点では、すでにアルバイトは辞めているが)を連れて行こうと決意する。
しかし、アルバイト女に断られる。
主人公とアルバイト女は、音信普通になり、数年後、主人公は風の噂でアルバイト女が他の男と結婚して幸せに暮らしている話を聞いた。
そして、さらに数年後、アルバイト女が女の子を出産するも、離婚したとの噂を聞く。
ふたりが別れてから十年という月日が経った頃、主人公は、アルバイト女の実家近くまで行く。
アルバイト女の母親と会い、「あの子は半年前に癌で死にました」と聞かされる。
「最期まで、あなたと過ごした頃のことを話していた」と聞き、主人公は驚く。
そして、遺された女の子の名前を聞いて、主人公が唖然とするところで終わる。
女の子の名前は、かつて二人が自殺に追い込んでしまった、主人公の恋人の名前だった。



主人公が馬鹿すぎる。アルバイト女、ウザイ。一番かわいそうなのは死んだ恋人。
「知らないおじさんが、金をくれるというのでセックスをした。コンドームもつけずに何度も射精された。
知らない男のチン○を付かれながら、あなたとのセックスを思い出す」(←小説の原文も、こんな表現)
という手紙を出すところまで精神的に追い詰められ、ホテルで自殺(怪死)。
こんな馬鹿な主人公なんか、アルバイト女にくれてやればいいのに・・・死ななくてもいいのに・・・。
主人公とアルバイト女は最悪。自分たちが主人公の恋人を追い詰めておきながら、被害者ぶっている。
特に、主人公の恋人が死んでからは、完全に被害者になってる。ウザ杉。
アルバイト女が幸せな結婚も出来ずに若くして死んだのは、仕方ないとしか思えない。
主人公は、自分が死に追いやった恋人が、自分のことを呼ぶ声が聞こえるなど妄想。
自分がどんなひどいことをやったか、わかっているようで全くわかっておらず、自分に都合のいい解釈しかしない。
それなのに、美しい青春の思い出のような出来になっている小説です。

466 無名草子さん sage 2007/09/15(土) 03:19:15
>>464-465乙。
その作者の名前、「読んでてムカツク登場人物」スレで
何回か見た気がする。
児玉さんはなぜそんな推薦文を…。

467 無名草子さん sage 2007/09/15(土) 04:21:50
>>464-465
典型的な男の良くある願望話だね
こういうこと本気でやろうとしてるDQN実際いるし
それを書いちゃっただけな気がする
目障りな話ではある

483 無名草子さん sage 2007/11/14(水) 19:22:27
既出だけど桜庭一樹の「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」
主人公と同じ年代のときに読んでしまって
単純な中学生だった自分には鬱に感じた。
あとは金原ひとみの「蛇にピアス」
小学6年のとき学校の本棚にあったから読んだ。
何で小学校にあるんだと思った。
同級生にはエロいと言われたが
自分はそれどころじゃなく鬱。

491 無名草子さん sage 2007/12/15(土) 15:21:10
ケッチャムは何冊か読んだけれど、平気。
やっぱり土壌的に日本文学がいいかな。
「人間失格」は何度も読んでそのつど凹む。
「グロテスク」精神的にグロイ。
「夜と霧」怖い。
「境界を生きた心子」哀しい。
「こころにナイフをシノバセテ」腹立つ。
全体的に鬱気分で。

493 無名草子さん 2007/12/28(金) 23:26:09
桜庭一樹の『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』

中学生の主人公のクラスに美少女変人転入生がやってきて仲良くなるけどその子が実の父親に殺されてバラバラ死体にされる話

最高に鬱になれると思う

497 無名草子さん 2008/02/10(日) 16:08:21
トリイ・ヘイデンのノンフィクション
個人的に実話の方が恐ろしい
夢に出てうなされた

499 無名草子さん sage 2008/02/13(水) 01:06:15
モーパッサン「女の一生」
愛した人々全員クズでした。母さえも…
まだ途中だけど、鬱。ムカムカする。主人公かわいそ過ぎる

502 無名草子さん sage 2008/03/29(土) 03:20:08
単純なグロとかレイプとか悲劇じゃなくて、ひたすら精神的に追い詰められる系の鬱小説ってないかな。
乙一の『死にぞこないの青』の主人公のイジメられ描写が相当良い感じに鬱だった。

503 無名草子さん sage 2008/03/31(月) 00:43:27
殺人&性的暴力&薬物中毒&貧困生活とか無しで鬱になれる小説はないでしょうか。
主人公がただ列車に乗って旅をした。
それだけの事をかいていながら読者は鬱になる。
そいういう小説がありましたらお教え下さい。
エログロビッチマダーシンナーにはおなかいっぱいなんです><

504 無名草子さん sage 2008/03/31(月) 05:16:16
自分もそういうの知りたいな
直接的な内容というより、漂う空気感や世界観が鬱な小説というか

505 無名草子さん sage 2008/03/31(月) 08:01:47
読者が鬱になるってだけなら、
一般的なそれなんてギャルゲ?エロゲ?な甘酸っぱい青春を描いた系小説とか、
多少不幸な境遇に置かれた主人公が、温かい友人や家族に囲まれて立ち直る系の主人公が幸せな小説を読むと、
読み終わった後とか読んでる途中に我に返った瞬間、非常な鬱になると思うw
読者が非リア充な場合限定かも知れんが。

506 無名草子さん sage 2008/03/31(月) 12:19:59
耳をすませばを見て鬱になるってのと同じ理屈か。
まあわからないでもないがw

507 無名草子さん sage 2008/03/31(月) 16:16:08
かなり既出だとは思うけど、春樹の「羊をめぐる冒険」とか。
諦念感が漂ってて自分的には鬱空気本。

508 無名草子さん sage 2008/04/09(水) 14:54:32
武者小路実篤「友情」
ジッド「田園交響楽」

世の中顔でございます

510 無名草子さん 2008/05/14(水) 01:39:29
新堂冬樹の「砂漠の薔薇」
お受験ママが暴走してく話なんだけど、暴走していく様より前半の主婦間のドロドロが鬱。

514 無名草子さん 2008/05/16(金) 23:59:05
>>510-511
女性の心の闇を描いたものって、男からすると計り知れない怖さがあるね。

>>512
確かに。一瞬で4つ浮かんだ。

511 無名草子さん 2008/05/14(水) 05:50:17
乃なみアサの小説は読んでる時面白いんだけど
読後は鬱になる
女の悪意みたいなもの
この人が女友達に対して悪意を持ってることエッセイで知った
とくに無邪気で悪意のない友達に心で悪態ついてるところ
それなら言えばいいのに態度にはあらわさないところ 京都人か?

512 無名草子さん 2008/05/15(木) 05:56:40
「殺人とかの理由(オチ)が過去のレイプだった」小説多い。子供の時レイプされたオチ小説2冊と実はお母さんが昔売買組織にいたオチ小説、知らないで連続で読んで凹んだ。

515 無名草子さん 2008/06/02(月) 03:49:54
パトリシア・ハイスミス 「女嫌いのための小品集」 
「男子高校生を女性嫌悪症にさせるためのショートショート」といってもいい。
女性のいやな面をここまで書くか。
ちなみにハイスミスは「太陽がいっぱい」「リプリー」の作者。上記の本があまりにひどいので、反応を見るため最初はドイツ語版で出版したらしい。

ジャック・ケッチャム「オンリー・チャイルド」
読んでる途中で不快感に襲われ、鬱になり、吐き気を催す。それが正常反応だと思う。
少年にたいする性的虐待。(それ以上はネタバレになるから言わない)

525 無名草子さん sage 2008/07/15(火) 14:19:09
毎日のNEWSを見聞きする方が鬱になります。


528 無名草子さん sage 2008/07/23(水) 15:35:16
鬱になりたければ奥さん犯されて殺されて
「泣くとうるさいから」って赤ん坊まで殺して天袋に入れられた
旦那さんのノンフィクション読めばいい

学生時代からやりとりしてきた手紙の内容とか何年間も
収録されてるんだけど
すごい救われない気持ちになる

奥さんが絵が好きな人で
はしっこに子供の似顔絵とか
団子三兄弟のイラストとか描いてるんだよ……

529 無名草子さん 2008/08/03(日) 13:25:04
>>528
タイトル教えて欲しい

536 無名草子さん sage 2008/08/19(火) 21:39:04
>>529
これだろ↓

【本村洋】天国からのラブレター19【新潮社】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1216642707/

531 無名草子さん 2008/08/18(月) 09:03:24
散々でてるけどグロテスク。
ほんとに欝になった、寝込んだ。
一ヶ月暗い気持ちで過ごした。

538 無名草子さん sage 2008/09/03(水) 00:21:29
グロテスクに私も一票。
本で人をあそこまで欝にするのってものすごい。
もう読み返せない、こわくてページをめくれない。

539 無名草子さん sage 2008/09/04(木) 18:41:23
ガイシュツですが

残虐記
これはさー・・・なんていうか私は主人公に感情移入した
てかケンジが可哀相 鬱程度は軽いよ

人間失格
これは鬱がテーマ(ry 不朽の鬱作
美しいから読み終わったときに綺麗な気持ちになる(清々しいとかじゃなくてね
これはわかる人にしかわからんと思うわ
鬱な気分になりたいから読むんじゃなくて、鬱な気分になってから読めば良いよ

542 sage 2008/10/07(火) 00:45:41
「隣の家の少女」読んだけど
これ筆者が日本人じゃなくてよかったよな
悲しい話だけど和訳のチグハグさが鬱さを半減してくれる

543 無名草子さん sage 2008/11/24(月) 15:35:49
京極夏彦の小説 ほとんど全ての作品でレイプが出てくる

548 無名草子さん 2009/03/07(土) 05:22:58
隣の家の少女
の作者を
教えていただけないでしょうか

549 無名草子さん 2009/03/07(土) 06:27:02
>>548
ジャック ケッチャム


砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
桜庭 一樹
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 7557

Comments:0

Comment Form

Home > アンケート系 > 鬱な気分になれる小説

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
Acces

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。