FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Home > スポンサー広告 > まんがで読破シリーズ

まんがで読破シリーズ

まんがで読破シリーズ
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/book/1189004605/

1 吾輩は名無しである 2007/09/06(木) 00:03:25
これが文学への興味をもつきっかけになりました。

賛否両論ありそうですが、私のような人が増えればいいと思います。

読んだ人、まだの人、語りませんか?

2 吾輩は名無しである 2007/09/06(木) 09:34:22
どこぞの誰かのきっかけにはいーかもしれんが、結局のところ、
漫画によって文学に興味を持つよーな人間の文学の読み方は間違った読み方なので
そのよーな人間が増える結果、市場原理からみても、統計学的にみても、
世に送り出される文学作品の質の低下を促進させるという弊害のほーが
遥かに大きいだろう。

3 吾輩は名無しである sage 2007/09/08(土) 10:40:02
要するにこれって、読書感想文対策だろ?
あ~夏休みの読書感想文書かなくちゃいけない、でも読むのかったりー。
そういうバカが手を出すことを期待して出版されたんだと思うぞ。

6 吾輩は名無しである 2007/09/08(土) 22:54:10
>>1
「まんがで読破」で検索してみたが、漫画としての評価は高そうだね。水道橋博士とか文学好きそうな有名人もハマってるみたいだし。
amazonでも評価されてるな…

けどね、これが文学への興味を持つきっかけにはならんだろ。
「あ~面白かった…」で終了でしょ?

漫画しか読まない奴が文学に興味を持つなんてありえない。

7 吾輩は名無しである 2007/09/09(日) 00:09:48
いやありえなくはないだろ

8 吾輩は名無しである 2007/09/09(日) 01:16:14
このシリーズの人間失格買って読んだけど

め ち ゃ く ち ゃ 面 白 か っ た ぞ

原作も読んでたけど、ただまんがにしただけって印象は微塵も感じなかった
絵で表現する事で新しい解釈ができたと言うか
なるほどこう来るか!っていう感動があった
あえて好んでまんがを読む方ではないがこのシリーズ、個人的には期待してる

こころもあってパラパラっと立ち読みはしてみたけど、
原作がそんなに好きじゃないのと、
絵柄がちょっと嫌な印象だったので買うのは控えたんだよな
でも人間失格読んだあと、こころも読んでみたいと思って
コンビニ行ったら売り切れてた・・・
だれか読んだ人いないかな?
いたら感想聞かせて欲しい

13 吾輩は名無しである 2007/09/09(日) 02:11:17
すみません>>1です。
私はこれを読んで小説を読みたくなり、いま人間失格を読んでいる最中です。
このように、私はまんがで内容を大体把握し、興味を持ち、小説へ…
という良いきっかけになったのです。

また、斜陽など、他の太宰作品にも興味が出てきました。

すみません、漫画板か迷ったのですが、こちらにたててしまいました。
いろんな意見がきけそうでしたので…


14 8 sage 2007/09/09(日) 02:56:01
この板の住人はマンガの話題に対してかなりナイーブだからな~
文学板としてどんな話題をアプローチできるかってとこだよな
文学を漫画化するってのは自分は特に反対する理由はないが
ここの住人的にはどうでもいいって意見が大方だろうな

それより気になるのはこのシリーズのマンガ版の作者じゃね?
一切名前とか出てないとこが興味をそそる

とりあえず、まだ読んでない人には一読をお勧めする
自分は人間失格しか読んでないが、これを読んだ限りではかなり面白い

他にもこころと破戒も出てるみたいだから
見つけしだい読んで感想を報告したいと思う
ただ破戒はまだ小説の方を読んだことないんだよなぁ・・・
小説を読んだことがある人で、まんが版を読んだ人の感想が聞きたいな

16 吾輩は名無しである 2007/09/09(日) 16:59:48
感想。

人間失格…確かに凄いですねコレ。激しく推薦する人の気持ちもわかります。
     葉三のオナニーシーンとかしっかり描いてます(!)
     また、ある点でユニークな読解を示している。傑作だと思います。
こころ …何故か劇画ホラーっぽくて女性にはまずウケないだろうな。
     先生のイメージが偏り過ぎで最悪。でもKはカッコ良く、静はカワイイ。
     まぁ、本を読まない人がおおまかな内容を知る分にはいいのかも。
破戒  …未読。サイトの絵を見る限りでは完成度高そうだが未知数。
     いろいろと問題視されているラストをどのように描いているのか気にはなりますが。
     部落差別がテーマって…。この作品をいまさらマンガにする必要があるのか疑問。

23 吾輩は名無しである 2007/09/11(火) 22:24:03
破戒をマンガ化するってのは凄い。
エタ、ヒニンとか差別用語も普通につかってるのかな?
目のつけどころはおもしろいと思うよ。


26 吾輩は名無しである 2007/09/11(火) 23:16:34
宮沢賢治物の漫画は面白かったぞ。
子供のときグスコーブドリの伝記とかは小説ではなかなか映像が浮かばなかったが漫画で納得できたよ。

31 吾輩は名無しである sage 2007/09/19(水) 21:49:16
こころはギャグ漫画的な感覚で友人と爆笑しながら読んだよw
お墓や位牌に「K」は酷いし先生が原作と別人過ぎてキモイw

32 吾輩は名無しである 2007/09/20(木) 14:37:23
位牌にKはやりすぎだな。狙ってやってるんだろうが……
確かに先生の造形のイメージは違いすぎると思う。
マンガの場合、あれぐらい偏らせた方が面白いってのはあるが……
逆に人間失格の堀木はイメージ合いすぎててワロタ

34 吾輩は名無しである sage 2007/09/21(金) 22:10:03
ここで評判高い人間失格を買ってきて読んだよ
こころは先生の現在も過去も性格と人相悪すぎで原作無視で酷かったけど、
人間失格は割りと忠実で面白かった。絵にするとリアルで、結構読んでて辛いし凹むね

35 吾輩は名無しである 2007/09/22(土) 01:26:45
人間失格を読破した 立ち読みでw
面白かったし 立ち読み疲れたので 破戒は買って読んだ
破戒がこんなに面白い話だと思わなかった

36 吾輩は名無しである 2007/09/22(土) 01:43:51
その後 こころも買って読んだ このスレで言われている通り
一般的なイメージと違う書き方をされているが
このシリーズの 読者対象を考えると
面白く読めるように頭をひねって努力している 作者(編集者?)の姿勢は評価したい
これはこれでアリだと思う
今後 安吾や多喜二なども出すようなので期待している
でもいまさら宮沢賢治はやらなくていいと思う

37 吾輩は名無しである 2007/09/22(土) 09:40:53
少女地獄の漫画化キボン

38 吾輩は名無しである 2007/09/22(土) 21:59:46
活字ばなれがこんだけ深刻になってきてるんだから こうしたマンガがきっかけで小説に興味をもつ若者が増えてくれればとは思います

40 吾輩は名無しである 2007/09/23(日) 02:50:01
これって著作権切れた作家ばっかりじゃんw

41 吾輩は名無しである sage 2007/09/23(日) 05:10:21
著作権保護期間の延長議論とタイミング合ってるね。
現行の法律だからこそできる企画だ。
なるほど、大変面白いシリーズだと思う。

42 吾輩は名無しである 2007/09/26(水) 09:00:11
「破戒」読了。
時代設定はそのまま明治なんだけど、解釈は現代的でわかりやすい。
机のイジメ落書きとか、今の読者が共感できるネタを作っている。
でも結局テキサスには行かないラストなんだよね。
いろいろ問題視されていた土下座のシーンはそのまま。
エタとかチョウリとか差別語もそのまま使用。
このシリーズは上手い漫画家が描いてるようなので、安心して読める。

46 吾輩は名無しである 2007/09/28(金) 19:57:27
青年誌っぽい 好き嫌いが分かれる絵柄だよな
このシリーズって中高生が読者対象じゃないのか

48 吾輩は名無しである 2007/09/29(土) 08:20:29
>>46
 で、実際は早熟な小学生か、まともな読書をし損なった
社会人が読むという事か?

47 吾輩は名無しである 2007/09/29(土) 07:28:48
たぶんそう

49 吾輩は名無しである 2007/09/29(土) 21:23:42
隙間産業的な小出版社らしい面白い狙い目だとは思うなあ。
文学に興味を持つきっかけになれば良いんだよ、別にマンガだって。

53 吾輩は名無しである sage 2007/10/01(月) 20:32:59
破戒読んだ
恥ずかしながらこれだけ原作を読んだことがなく、
漫画で初めてという形だったけどすごく良かった。
最後とか感動して泣きそうになったし。
この内容なら本も読んでみたいと思えるよ

54 吾輩は名無しである 2007/10/02(火) 00:14:25
他の作品は評価高いのに「こころ」が凄く評判悪いな
逆に読みたくなってきたのだが、ローソンに無かったぞ

56 吾輩は名無しである 2007/10/02(火) 20:41:15
「蟹工船」ならば 別の出版社から以前にマンガ版が出てるよ
たしか 井上ひさしや高橋源一郎がメディアで誉めていたな

64 吾輩は名無しである 2007/10/18(木) 19:21:03
蟹工船は福本伸行に描かせるときっといい

58 吾輩は名無しである sage 2007/10/13(土) 19:52:05
罪と罰イマイチだったな
詰め込みすぎ。

60 吾輩は名無しである 2007/10/17(水) 18:55:48
確かに詰め込みすぎだ
他のもそうだけど

61 吾輩は名無しである sage 2007/10/17(水) 19:50:39
あの薄さで戦争と平和とか大丈夫なん?w

69 吾輩は名無しである 2007/11/10(土) 06:38:28
罪と罰すごくね?現代的解釈が。
9.11とかブッシュとかオウムっぽい奴等が出てきて・・・
手塚治虫版を超えてるよ

72 吾輩は名無しである sage 2007/11/10(土) 21:14:40
>>69
俺はそこに安っぽさを感じたが・・・

73 吾輩は名無しである 2007/11/10(土) 23:57:32
というかわかりやすいメッセージなのでは?

77 吾輩は名無しである sage 2007/11/29(木) 21:42:57
堕落論がすごく微妙だった

78 吾輩は名無しである 2007/12/02(日) 22:35:25
うん。微妙だった。
ナポレオンのイメージも違いすぎた

80 吾輩は名無しである 2008/01/22(火) 17:25:19
戦争と平和原作のナポレオンの描写はもっとひどいぞ

蟹工船の中身は蟹工船だ
少なくとも原作よりドラマチックだった
それを良しとするかは人それぞれっぽい
プロレタリアートは評価が難しい
個人的にはマンガのが面白いと思ったよ

84 吾輩は名無しである age 2008/01/25(金) 15:34:48
まあ、これをきっかけに原作を読んでくれるのは良いんだけれど
小説を読むことの意義の一つとして、想像力を高めることがある訳で
この漫画を読んだ後に、原作を読むとやはり漫画のイメージが先行してしまうだろうし
だから、あまり推奨していいもんじゃないと思うんだけれど、
まあどうしても時間が無くてそれでも読みたいって人にはいいかもね。

88 吾輩は名無しである sage 2008/01/27(日) 12:57:20
このテの企画モノって99%糞なんだが、珍しく面白い。

91 吾輩は名無しである 2008/01/28(月) 01:55:25
target="blank">http://www.eastpress.co.jp/manga/

公式っぽいからはっとく

90 吾輩は名無しである 2008/01/27(日) 19:27:17
いい企画だと思う。小説はやはりひとつには筋を楽しむもの。
そして読者としてはいろんな小説の筋を知っておきたいという
欲求もある。宴会のときも盛り上がりそうだし。

この間はテレビで世界文学作品の筋をレポーターが紹介していく番組
をしていて面白かった。

この漫画シリーズは数がたまると、海外に輸出できるんジャマイカ。
いろんな文学作品の筋を知りたい人は世界中にたくさんいると思う。

92 吾輩は名無しである sage 2008/02/06(水) 00:11:55
よみたいが原作読んでからにしようとおもってる俺異端

95 吾輩は名無しである sage 2008/02/09(土) 21:43:32
>>92
俺は原作読んだものしかこれでも読んでない
なかなか面白かったぞ

96 吾輩は名無しである sage 2008/02/26(火) 16:31:25
>>84
私の考えていることとピシャリだ。。
イメージ先行による、想像力の減退は懸念されるなぁ。
ただ、鴎外の作品を原作で読もうとして挫けたことのある私は、
以前、友人に借りた漫画で内容が一読でけた(漫画読破シリーズじゃなくてスマソ)。
漫画を読んだことで、原作に再度チャレンジしてみようと思えたことは大きかったと思う。

>>90
比較的新しい「漫画」という日本文化で、
それ以前にもあった素晴らしい文化(日本文学等)を紹介できる意義は大きいね。
漫画なら海外でも受け入れやすいし、海外輸出もなくはない話だと思う。ちょっと期待。

>>92
禿同。読んだことがあるものは差し置き、
読んだことないヤツで興味のある作品(白痴や破壊)は漫画読む前に
原作にチャレンジしてみたいと思ってる。気になるけど読破する自信のないものは漫画から入ろうかと思う、私は。

94 吾輩は名無しである 2008/02/09(土) 15:26:43
小説を漫画にするのも「翻訳」のひとつといえるのだろうか?

98 吾輩は名無しである 2008/02/27(水) 18:18:14
さっき戦争と平和をパラパラ立ち読みしてきたが、いきなりアウステルリッツから始まっててワロタ
まぁ確に最初の500ページは人物紹介的で退屈っちゃ退屈なんだが

99 吾輩は名無しである sage 2008/02/29(金) 00:20:14
人間失格の出来がズバ抜けて良い。

101 吾輩は名無しである sage 2008/03/11(火) 11:01:58
羅生門の下男が薮の中の盗人にだったってとこはうまいと思った。

102 吾輩は名無しである 2008/03/20(木) 11:57:39
新刊出たみたいね
赤と黒と学問のすすめ


・・・学問のすすめ?

103 吾輩は名無しである sage 2008/04/03(木) 03:08:00
変身、武士道も出ました。

106 吾輩は名無しである 2008/04/29(火) 18:26:59
武士道よんだ・・・おもしろかった・・・
絵がかっこよかった
本読まないからまんがだと助かる
これからもこのシリーズがんばってほしい

107 吾輩は名無しである 2008/04/30(水) 10:12:45
啓蒙的な役割を果たしていることは間違いないだろうね。

110 吾輩は名無しである sage 2008/05/02(金) 18:33:41
人間失格は良かったがこころは駄目だな・・・
コマ割や人物の描写が稚拙。何でギャグ漫画のノリなんだよ。

115 吾輩は名無しである sage 2008/07/13(日) 19:36:03
銀河鉄道の夜は微妙と言わざるを得ない
独自要素多過ぎ

116 吾輩は名無しである 2008/07/14(月) 19:00:58
イマのところの作品は全部読んでるけど
外国物はたいていつまらない
日本の物が輝いて感じる
リア王とか戦争と平和は読むのに苦労した
日本の作品も斜陽がどうにもつまらない

121 吾輩は名無しである 2008/07/20(日) 18:18:48
「日本の歴史」漫画でどくはしました。

124 吾輩は名無しである sage 2008/08/12(火) 23:01:21
今日買ってみたんだが、やべーおもしろいな
原作読んだことのないものにも挑戦してみよう
あと誰か作者おしえてよー女の子かわいいよー

128 吾輩は名無しである sage 2008/08/28(木) 22:59:27
罪と罰の作画の人が藤田和日郎のタッチに似過ぎ。
原作好きすぎるからあの詰め込みはちょっと残念。ソーニャ冤罪事件漫画で
見たかった。あとマルファ婦人が自分の想像の10倍くらい美人で吹いた。

140 吾輩は名無しである 2008/11/20(木) 06:47:51
今までこのシリーズは少し小馬鹿にしてたが
ドグラ・マグラも漫画化されたのは拭いた。
買って読んでくるわ

141 吾輩は名無しである sage 2008/12/02(火) 20:16:19
蟹工船の絵、凄ぇ
熱すぎるぜ
絵師はきっと石川賢のファンに違いない

145 吾輩は名無しである 2008/12/04(木) 09:16:47
「わが闘争」とかスゲーなこれ

148 吾輩は名無しである sage 2008/12/09(火) 22:30:45
ゼノサーガの影響でこのシリーズのツァラトゥストラ買ったけど、
原作的には問題だろうけど・・・
アレンジ漫画としては面白いと思うんだがみんなの反応は?

読んだ感想としては3、4部の部分のまんがで読破化して
続編描いてほしい

ザロミ×ツァラ いいよ

149 吾輩は名無しである 2008/12/13(土) 14:18:47
戦争と平和を買ったんだが、ナポレオンがマフィアにしか見えないww

153 吾輩は名無しである sage 2008/12/13(土) 23:48:23
資本論もめちゃくちゃだな

154 吾輩は名無しである 2008/12/14(日) 17:33:15
資本論もツァラトゥストラも原作既読の人に言わせれば
アレンジしすぎ!ってことになるな
原作は元々ストーリー仕立てじゃないしな

未読の奴らからすれば
「解りやすくしてくれてアリガト」ってかんじかw

155 吾輩は名無しである 2008/12/16(火) 14:14:03
資本論みたけど内容ひでぇww

156 吾輩は名無しである 2008/12/16(火) 17:56:40
冒険しすぎw

157 吾輩は名無しである sage 2008/12/21(日) 00:41:15
資本論は絵がだめだった…

フランスではプルーストが漫画化されてたけど、
どうせならこのシリーズでも無理矢理1冊にまとめてくれw

158 吾輩は名無しである sage 2008/12/22(月) 18:45:17
このシリーズ当たり外れ大きいな…
既刊の8割くらい読んだけど、絵が下手すぎる、雑すぎる刊は内容もつまらなかった。

結構売れてるはずなのにスレは過疎だな。何でだ。

160 吾輩は名無しである sage 2008/12/22(月) 21:31:11
>>158
ターゲットが文学板にくる層ではなさそうだしね
漫画で覚える日本史みたいなシリーズと一緒に置いてある本屋もあったよ

162 吾輩は名無しである sage 2008/12/24(水) 13:23:51
俺はマンガで読破って言うのはいいと思うんだが・・・
原作より安上がりだし・・・・

163 吾輩は名無しである sage 2008/12/28(日) 19:39:20
>>162
時間的にも助かるわな
別に何時間も掛けてじっくり読んで細かい描写を楽しみたいとかじゃなくて
この本買うのは入門かあらすじと名シーン、ゼリフ位をざっと掴みたい位の動機だろうし
そういう意味じゃニーズにしっかり応えてるから売れてる

170 吾輩は名無しである sage 2009/01/03(土) 18:09:58
                  絵がうまい、描き込み丁寧

                  蟹工船    │
                          │
                          │
                          │                   明暗
                          │
                          │羅生門
                          │              こころ
                          │
オ                           │             罪と罰               
リ                         │ 
ジ   武士道                 │                         原
ナ                         │                          作
ル ────────────────┼──────────────── に
ス                 舞姫     │                        忠
.ト                         │                        実
|                           │            カラマーゾフの兄弟
リ                         │
|                         │
               ドグラマグラ    │
                          │ 
                          │
                          │
                          │
                          │
 
                   絵が下手、描き込み雑

171 吾輩は名無しである 2009/01/04(日) 15:07:13
>>170
資本論は左下だな。

173 吾輩は名無しである 2009/01/05(月) 18:38:40
画がひどすぎてマンガ読みにはまともに読めない代物ばかりだな

残念…

174 吾輩は名無しである sage 2009/01/09(金) 08:00:18
人間失格は相当なレベルだと思ったぞ
ほぼ原作のイメージ通り
もう少しページ割けたらもっと本格的なの描けたろ

175 吾輩は名無しである sage 2009/01/10(土) 12:11:07
絵がどうだか覚えてないけど「変身」は相当なオリジナルストーリーだった。
武士道や資本論と違ってちゃんとストーリーのある原作なのに、
前半はえんえん主人公の人生を捏造するわ
ラストはオリキャラ(主人公の恋人w)で締めるわ
胡蝶の夢を引用してそれがテーマみたいな描き方するわ…。
あれ読んで原作を知らない「まんがで読破」は信じられんと思った

180 吾輩は名無しである sage 2009/01/13(火) 13:41:28
>>175
あのヒロインはカフカ最愛の人がモデル
変身そのものだけで比べれば完全なオリジナルではあるが
そこに入れ込まれた要素のひとつひとつは無意味ではないみたい
特に悪夢のシーンはカフカの別の著作がベースになってる

それにしてもあの虫の表現だけは残念だったよね
期待してただけ余計に・・・
まあ、うん、仕方ないかなw

変身のヴィジュアル化に挑戦した意欲だけは認めたいね
今後に期待だな

182 吾輩は名無しである sage 2009/01/13(火) 21:23:31
>>180
あの虫は単に気持ち悪いだけだった…
カラマーゾフのスタンドは面白かったけど

216 吾輩は名無しである 2009/02/22(日) 16:35:11
amazonのまんがで読破「変身」のレビューより

>ここで改めて、漫画版「変身」の原作にはない要素をまとめてみます。
>ザムザのモデルは恐らくカフカ自身、さらに悪名高いオリジナルキャラのヒロインは、間違いなくカフカと親密な関係にあった女性がモデルです。
>(ミレナ・イェセンスカは実在の人物でカフカの親友の妻でありながら、カフカは文通を通して求愛していた)
>さらに100年前のまだチェコ成立前のプラハで、ユダヤ人が迫害を受けるという社会。
>そして主人公自身もユダヤ人なのは、カフカがユダヤ人だったことから起因していると考えられます。
>個人的にとくに面白いと感じたのは、悪夢のシーンです。
>原作では「悪夢から目を覚ます」と一行だけあるのに対し、漫画版では悪夢の世界を作り上げています。
>この悪夢の下敷きになっているのは、カフカの別の作品である「判決」と「火夫」(「失踪者/アメリカ」の第一章の部分)です。
>カフカはこの判決・火夫、そして変身の三つを「家族」をテーマにした三部作にしようと計画していたと語っています。
>カフカ自身も、実父との関係が良くなかったというのが通説です。
>最後に、胡蝶の夢という神秘主義思想を用いていながら、ごくありふれた日常こそが奇跡なのです、というカフカの言葉。

>>180が言ってたけど変身以外の作品でもこういうアレンジあるぽ
蟹工船の森とかはたぶん多喜二の党生活者(だったかな?)の主人公の名前だし
悪霊にはラスコリニコフっぽいやつが1コマだけ出てた

ネタとして投入してみるテスツ

176 吾輩は名無しである 2009/01/12(月) 12:40:38
このシリーズの最高傑作は「破戒」だと思う。
次点は「人間失格」「罪と罰」「蟹工船」あたりか。
シリーズ初期のものは全て漫画として完成度が高い。
でも「変身」は超駄作。そのそも映像化するべき作品ではないし、アレンジも大失敗してる。

177 吾輩は名無しである 2009/01/13(火) 05:22:19
舞姫が原作は口語体で難しいから、これで読んでみたけど、
かなり良かったし最後の方は泣けてきた。
主人公の心の葛藤もよく表現されてるし。

でもストーリーのあらすじだけだと、
恋空みたいなケータイ小説とか、昼メロドラマみたいな展開かも・・とも思ってしまった 
格調高いイメージの天下の森鴎外でもそんなもんなのかな?

とはいえ原作読んでないから違ってる部分もあるのかもしれないけど

186 我輩は名無しである 2009/01/24(土) 15:23:48
漫画はあまり読まないけれど、人間失格と蟹工船はすごく面白かった。
羅生門に、黒澤明の羅生門の原作、藪の中があったのは嬉しかった。
ただ、ミステリーのドグラ・マグラは原作がすごく好きなせいか、ガックリしました。
犯人がすぐに分かってしまうのは、どうかと思う。
虚無への供物や、黒死館殺人事件は漫画にしてはいけない。いや、絶対漫画化は無理だろう。
ドグラ・マグラは映画になっているので、先に原作を読んだら、面白いと思う。
よくこれを、映画に出来たと感心した。監督松本俊夫。

178 吾輩は名無しである 2009/01/13(火) 06:45:59
頼むからトルストイだけは漫画化しないでくれ。

読まないから関係ないがこんな糞な漫画で読んでも百万分の一も良さを理解した事にはならない。

ジャンクフードばかり食べてる感性の貧乏人にはお似合いだがな。

179 吾輩は名無しである 2009/01/13(火) 13:31:09
読まなきゃ百万分の一すらの良さも理解できないんだぜ?

まあ単純に「まんが=ジャンクフード」と断じてるようじゃ
言ってる事の百万分の一も理解してもらえないだろうがね

例えばトルストイを高級なフレンチコースみたいなものとでも思っているなら
それがアンタの理解力の限界さ

ただ食べるだけじゃ消化したとは言えないんじゃないかいボーイ?

187 吾輩は名無しである 2009/01/26(月) 10:50:37
人間失格と蟹工船は神

192 吾輩は名無しである sage 2009/01/28(水) 20:41:21
俺は漫画家も小説家も等しく「モノ書き」だと思っている変態です。

原作者だって、沢山の活字を書き上げる事自体を、
周りに自慢したいから書いたわけじゃないだろ。
その時代、沢山の人の目に触れる機会が小説だったりしただけじゃないか。
あるいはもし漫画が上手に書けて、
それが沢山の人の目に伝わるとしたなら、
原作者は漫画を書いていたかもしれない。

原作から漫画に興す事によって
伝わらない部分が沢山出るかもしれないのは事実だが、
血の通った過去の遺産を、
現代に少しでも伝えたいと言う人の努力をどうして評価できないのか。

201 吾輩は名無しである sage 2009/02/02(月) 13:15:40
漫画版も、悪くないと思うよ。少なくとも名著を下敷きにしてるわけだし。
ためしに読んでみたけど、結構面白い。漫画としてはアリだ。

でも、違うんだよね。なんか違うんだよ。
思うに、名著と呼ばれるような作品の中には、
無駄な文章や読み飛ばしていい単語なんかほとんどないんだよ。
全部の言葉、文章がなくてはならないし、全部が意味を持ってるんだよ。
それが、文章から漫画に翻訳された事で、
どうしても取りこぼされる所がある。消えちゃう部分が出てくる。

例えば、俳句を英語に翻訳されたものを読んだ時のような気持ちだ。

夏草や兵どもが夢のあと

とかさ、もう英語に出来ない響きがあるじゃん?
翻訳したら、消えちゃうニュアンスがあると思わない?そんな感じ。

中身は同じなはずだし、それだけ読めば悪くない。
けど、やっぱり本物とは違う。全然違う。別物としての評価しか出来ない。


205 吾輩は名無しである 2009/02/12(木) 03:22:14
死に至る病がひどくね?
過去最低だと思う

209 吾輩は名無しである 2009/02/15(日) 06:45:15
ブクオフで罪と罰が漫画化されてるの発見して読んでみた。

冒頭で、原作に出てこないおっさんが家賃の催促してるのにまず吹き、

マルメラードフさんの酒場での語りが2ページくらいにコンパクトにまとめられて、
何の面白みもなくなってるのにびっくり。こんな骨抜きにするくらいならカットして他を重くすれば良かろうに。

その後、パラパラめくって、ラスコーリニコフが夜神月的イメージに落とされてるなーとだけ思って本を置いた。

家に帰って、amazonのレビューで、ベタ褒めされてるのみて、なんだかなあと思った。

210 吾輩は名無しである 2009/02/20(金) 23:47:00
どの作品も、こういうシリーズにしては絵が抜群に上手いよな…

武士道と学問のすすめを読んだらどっちもお札ネタで始まってたw
たぶん「たけくらべ」もお札ネタできそうだなw

資本論酷い酷いって言われてて思い出したんだけど
「やるおが『資本論』を読み始めたようです」シリーズって
全4作のハズなのに3で止まってるんだよな。残念。

ところで帯の作品リスト、カラマーゾフの兄弟にだけ※印がついてるのって
どういう意味なの?

211 吾輩は名無しである 2009/02/21(土) 13:31:01
※印は定価920円

218 吾輩は名無しである sage 2009/03/07(土) 09:29:59
奇数月発売らしいな
続資本論とかを今描いてるとか
教科書に載ってるようなレベルの話を短編集みたいに漫画にしてほしいわ
別に教科書でも充分分かるんだけど、なんとなくその話の絵も楽しみたいし

222 吾輩は名無しである sage 2009/03/08(日) 13:46:04
正直言うと漫画で読破の絵に関してはそれほど期待してないんでこの程度ならいいかなと、、、
萌え系になってないだけ助かってる。個人的に漫画の巻末に解説や作画者のコメントが
あったらいいなとは思う

223 吾輩は名無しである sage 2009/03/15(日) 23:10:03
普段から週刊漫画雑誌しか読まない低脳な俺だけど、
このシリーズはいいね。

マジで原作を読みたくなってくる。

226 吾輩は名無しである 2009/03/27(金) 15:44:41
文学作品などの映画化とか舞台化ということもあるから、
それと同じ意味での「まんが化」もあってもよいと思う。

しかし、文字だけの原著では読みづらいからまんが化というのは変。
厳密な翻訳ではなく、こども向けにリライトすればよいだけの話。

227 吾輩は名無しである 2009/03/28(土) 21:19:02
漫画化は別に良いが
本は嫌だけど漫画なら読むって姿勢が駄目だと思う
それには、「名作だから一度は読んで教養をつけておこうと思うが
本を読むのは慣れていないので漫画で読もう」という消極的な教養主義的な考えがある
もちろんこのシリーズはそういった欲求をわかっていて作られたものだが
それにつられてホイホイ買うのを見てるとかわいそうに思う
本でしか得られない感動もあるのにもったいない
もちろん漫画でしか表現出来ないものもある
ただし「あらすじを理解」する目的ではなく、
「漫画による新解釈」として読むのは別に良いと思う

228 吾輩は名無しである 2009/03/28(土) 22:13:18
銀河鉄道の夜が最悪だった。宮沢賢治の意図をまったく読み取ってない

229 吾輩は名無しである sage 2009/03/29(日) 00:35:04
いかにも突貫工事って感じの漫画に深くは求めないけど
宇宙服は無いよなー

230 吾輩は名無しである 2009/03/29(日) 02:01:58
「神曲」読んで原作にはまった者なんだけど、今読み返してみるとだいぶ内容薄くなったな…って感じがする。
原作がかなり長いから削るのはしょうがないとしても、話の捏造がすこし度が過ぎてる。ほんと原作読んでみたとき違いに愕然としてしまった…ダンテのキャラからして違う。

絵の質も、始めは丁寧だったけど途中からどうみても絵柄が豹変してる。一体何があった…

まぁ、このマンガのお陰で神曲に出会えたわけですが。

232 ( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw sage 2009/04/06(月) 20:41:42
いつの間にか奇数月から毎月になっておったのですか(笑)売れておるようですねぇ(笑)おやはや(笑)

236 吾輩は名無しである 2009/04/11(土) 20:00:43
読破シリズのファンですが、最近出た本の作風は少し変わりましたね、個人的は最初頃の絵は良かったかな、
カラマーゾフとか、個性が際立ってるし、ドラマ性が高く先が気になってどんどん読めます。
ファンの方のためにも初期の頃の作品群ように、面白く描いて欲しいなぁと思うのです。w!w

241 吾輩は名無しである 2009/04/13(月) 12:48:39
今楽天で全巻大人買いしてみた
届いたらトイレでコツコツ読んでみようと思う

243 吾輩は名無しである sage 2009/04/14(火) 16:49:35
独断と偏見で構わないから、ここの人たちにもっと感想書いてほしいな…

このシリーズはほとんど読んだけど、どれも良くできてる。
原作の雰囲気と違いすぎる話もあるけど、読み物として面白ければそれはそれで成功だとも思う。

そんな中、不満が残ったものを挙げてみる。個人的意見なのでご容赦。

明暗→絵は下手ではないけど、如何せん線が汚すぎる。無表情。話も退屈だった。

ドン・キホーテ→温かみのあるいい話だったけど、ところどころドラクエみたいなのが嫌だった。漫画漫画しすぎ。 

罪と罰→面白かったけど、ラストの9.11ネタが安っぽくて萎えた。


こんな感じです。
あと、全然話題に上らないけど、夜間飛行は結構お気に入り。

247 吾輩は名無しである 2009/04/20(月) 23:11:33
銀河鉄道の夜と学問のすすめはつまらんかった。

249 吾輩は名無しである 2009/04/25(土) 16:13:22
夜間飛行、面白かった。

254 吾輩は名無しである 2009/05/11(月) 21:19:59
続・資本論いいね 
なかなか説明もわかりやすい
ダニエルが良キャラすぎる 
金持ちになりたいのなら  搾り取れ
のシーンは神

255 吾輩は名無しである 2009/05/11(月) 21:37:28
ファウスト読んだよ
普段小説ばっかりで漫画は全然読まないけどいいきっかけになった
へーこういう話だったんだーって

257 吾輩は名無しである sage 2009/05/11(月) 22:45:43
新刊でたらアマゾンだとすぐ売り切れてるね
人気あんだなぁ

258 吾輩は名無しである 2009/05/11(月) 23:55:55
ユリシーズおもしろかったよ 
オナニーシーンエロすぎw

259 吾輩は名無しである 2009/05/20(水) 00:17:57
ユリシーズいいな

261 吾輩は名無しである sage 2009/05/21(木) 06:48:33
ユリシーズどうしようもねえwww

265 吾輩は名無しである 2009/05/26(火) 10:52:55
ユリシーズは原作からしてどうしようもないw

266 吾輩は名無しである sage 2009/05/30(土) 00:02:06
神曲のマンガ版は、永井豪のがあるからいらんな……

両方持ってるけど、ドレの絵に準拠した永井豪版の方が迫力あり、分量が多く(3巻)、
エピソードをきちんと拾っている。おまけに副読本までついてる。

漫画と解説文で概要を理解したいのなら、永井豪版の方がはるかにいいぞ。

271 吾輩は名無しである sage 2009/05/31(日) 22:44:35
逆にドグラ・マグラの漫画版は、原作を何度も読み返した者からすれば無論不満だらけだが、
そもそも漫画化の可能性は絶無と思っていた作品だけに嬉しいな。

しかし、短編も重量級の長編も同じ1冊に収めるというのはやはり無理ありまくりだと思う。
神聖喜劇の漫画版だって、あんなに分厚いのが6冊あって、原作を丁寧に追いかけており、
文学作品の漫画化という点では究極のものだと思っているが、それでも主人公の長大な内面独白など
多くが省略されている。

大長編はせめて数冊に分けて欲しいところだな。

281 吾輩は名無しである 2009/06/07(日) 00:08:06
あQ正伝読んだ。めちゃ面白かったわ!こんな話だったのか~、、中国文学自体はじめてよんだが、これまでで最高の出来 だとおもう。初めて原作よみたいとおもった

272 吾輩は名無しである sage 2009/06/01(月) 19:15:10
イーストプレスはどこまで続ける気なんだろうか

273 吾輩は名無しである sage 2009/06/02(火) 20:36:40
ピーク過ぎた感ありあり

275 吾輩は名無しである 2009/06/03(水) 02:58:12
まだまだまんが化する作ひんはいっぱいあるし、読みたいのが沢山有る。

276 吾輩は名無しである sage 2009/06/03(水) 08:26:08
次はダーウィンの「種の起源」、シェイクスピアの「ベニスの商人」


蟹工船 (まんがで読破)
小林 多喜二
イーストプレス
売り上げランキング: 5937

Comments:0

Comment Form

Home > 漫画 > まんがで読破シリーズ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
Acces

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。